Gyo Obata, influential St. Louis architect, dies at 99 | Metro

by AryanArtnews
0 comment

ST. Louis — Gyo Obata, an internationally renowned architect who co-founded a small St. Louis Architects and turned it into a global building force, died in St. Louis on Tuesday. He was 99 years old.

From One Metropolitan Square in downtown St. Louis to King Saud University in Saudi Arabia to the Sendai International Airport Terminal Building in Japan, Obata designed buildings in countries and around the world.

Locally, many of the area’s most famous buildings, and many of the downtown skylines, have Obata’s fingerprints. His James S. McDonnell Planetarium at the St. Louis Science Center is one of the city’s most iconic buildings and is easily identifiable by its unique hyperboloidal shape. Generations of children have explored another Obata design, the Living World at the St. Louis Zoo. Downtown Obata designed the Nestlé Purina headquarters, AT & T skyscrapers, Thomas F. Eagleton Courthouse and more.

He was the first to receive international acclaim for the innovative design of the monastery chapel of the Abbey of St. Louis. This chapel features an iconic circular façade with three layers of concrete parabolic arches in a thin white-painted shell. The 1962 issue of Time magazine called it “the newest and perhaps most impressive circular church in the United States.” Architectural Digest has dubbed this structure “one of America’s greatest hidden treasures.”

People are also reading …

Cardinal Joseph Ritter, Archbishop of St. Louis, said when the building opened, “it is an outstanding demonstration of human ingenuity in honor of the Almighty God.”

The National Air and Space Museum, which he designed for the Smithsonian Castle, is regularly at the top of the list of the most visited museums in the United States.

“The building needs to be a clear representation of what’s happening inside,” he said of the design of the Aerospace Museum after his dispatch in 1964.

The museum houses dozens of planes in a 96-foot-high building. The platform supports planes that are staggered at 21 different levels. Small items such as documents and souvenirs are displayed at eye level, and the plane above appears to rise through the open space.

early life

Chiura Obata was born in San Francisco in 1923. His father, Chiura Obata, was an artist who came to the United States from Japan at the turn of the century, and his mother, Haruko, was a flower designer. Young Obata was in his first year as a student of architecture at the University of California in 1941 when the Japanese attacked Pearl Harbor.

Like other Nikkei on the West Coast, his family was sent to internment camps during World War II. However, during the war, Obata transferred to the University of Washington, one of the few universities in the country to accept Japanese-American students. He boarded the train to St. Louis the night before his entire family headed to the camp.

“It was like day and night coming here from Berkeley, where there was a lot of jerkyness. When I came here, people treated me very fairly. There was no prejudice. In fact, I thought I’d be here in a couple of months and then back in Cal. After all, it completely changed my life, “he told Post Dispatch in 1964. ..

[1945年にワシントン大学を卒業した後、小幡はミシガン州ブルームフィールドヒルズにあるクランブルック芸術アカデミーへの奨学金を受け取り、ゲートウェイアーチのデザイナーであるエーロサーリネンの父であるエリエルサーリネンに師事しました。彼がクランブルックで修士号を取得するために書いた論文は、大都市セントルイスの開発計画でした。

陸軍での任務の後、小幡はスキッドモア、オーウィングス、メリルのシカゴ事務所に加わりました。 1951年、彼はセントルイスに戻り、ヘルムス、ヤマサキ、ラインウェーバーで働きました。 1955年、その会社はヘルムース、オバタ、カサバウムに再編され、オバタがデザインを担当するパートナーとなった。

現在HOKと呼ばれているHOKは、世界中の24のオフィスに1,600人以上の従業員を擁しています。

「彼はHOKのデザイン文化を生み出した」と同社の社長兼最高経営責任者であるビル・ヘルムートは以前に新聞に語った。 「しかし、もっと重要なことは、彼は私たちが行うすべてのことに謙虚さと人間性を与えてくれたことです。 私たちは中西部で設立され、中西部の価値観を持っています。 その人間性と謙虚さは、今日でも存在する私たちの文化の一部です。」

メガファームのパイオニア

ヘルムス氏によると、オバタ氏はパートナーとともに、建築事務所の概念に革命をもたらしました。 彼らは、世界中にオフィスを持つ国際的なメガファームを発明し、あらゆる種類の建物のデザインを作成しました。

「組織の原則として、彼らは当時誰もしていなかったことをしました。 彼らは本当に先駆者でした」とHellmuthは言いました。

しかし、彼は建築家として、当時は新しいミッドセンチュリーの現代的な形に手を出していました。 ブロードウェイとワシントンにあるダウンタウンの雇用保障ビルは、オバタの最も初期の作品の1つであり、ニューフォーマリズムの唯一のダウンタウンの例です。50年代後半に登場したデザインフォームで、オバタのメンターの1人である山崎実がチャンピオンでした。

小幡は山崎と緊密に協力して、長い間有名な空港ターミナル構造であるセントルイスランバート国際空港のターミナル1の設計と建設に取り組みました。

ヘルムス氏によると、空港は建築家にとって多くの問題を抱えており、オバタ氏が薄いコンクリートでできた非常に単純な構造であるランバートに取り組んだことで、すぐに認識できるようになりました。

「それはシンプルで時代を超越したエレガントなものです」と彼は言いました。

小幡のデザインは、多くの場合、オープンスペース、日光、外の景色を最大限に活用するように見えました。 これらの要素を前面に押し出し、彼が言ったように、彼は「クライアントが自分のスペースに本当に望んでいるもの」を取り入れようと努力しました。

彼の最も革新的なデザインの1つであるミズーリ州インディペンデンスのキリスト寺院のコミュニティに情報を与えたのは、オープンスペースとクライアントのニーズのこの組み合わせでした。 オウムガイの殻に触発されたそのらせん状の天井は、195フィートの高さまで上昇します。

教会の使徒であり、十二使徒評議会の会長であるリンダブースは、この建物は「神聖な空間を作り出した」と述べています。

「それは天国に達するスパイラルです。 それは神に届く現代の大聖堂です。」

国内外で、オバタの設計には、ヒューストンとダラスのガレリアショッピングセンター、ミシガン州のケロッグ社本社、フロリダ水族館、イリノイ州スプリングフィールドのアブラハムリンカーン大統領図書館と博物館、サウジアラビアのキングハーリド国際空港が含まれます。

彼は1992年にセントルイス殿堂でスターを獲得しました。

小幡は、妻のメアリー・ジャッジと、以前の結婚で4人の子供、菊、ノリ、ゲン、マックス・オバタによって生き残っています。

ディスパッチ後のジェイコブ・バーカーがこのレポートに貢献しました。

Related Posts

Leave a Comment